投資信託の分類

投資にあまり馴染みのない人でも少額から始められる投資として近年人気なのが投資信託ですが、その種類にはさまざまなものがあります。特に初めて投資信託を購入しようとする人の場合、いくつもの種類の投資信託が販売されているため、どれを選んでいいのか迷ってしまう人も少なくないはずです。
投資信託の分け方としては、その仕組みによる分類の方法があります。
投資信託が設定された地域で分類した場合、国内で設定された投資信託は国内投資信託となり、外国で設定された投資信託は外国投資信託という分け方になります。
組成される形態によって分類した場合には、運用会社と信託銀行が契約を結ぶことによって組成されたものについては契約型投資信託となり、投資を目的として法人を作ることで組成されたものは会社型投資信託という分け方となります。
また、投資信託では株式や債券などによって運用を行なっていますが、その運用先によって分類することもできます。株式による運用を一切行なわないものを公社債投資信託といい、株式を組み入れたもののことを株式投資信託といいます。
この他にもリスクとリターンによる分類の仕方や、投資信託を購入できる時期による分類の仕方があります。

 

投資信託の分類トップに戻る